東京都府中市の屋根修理・破風、軒天、雨樋工事。その③

2015年12月26日土曜日 雨樋 雨漏り修理 東京都 内樋 破風板 府中市

今年も残すところ一週間をきりました。ここ数日は空が青く澄みきっていて清々しい気分になりますよね。年末のこの時期は空が一段と高く感じられます。


先日、足場を解体し完工した府中市の屋根工事の続きをお伝え致します。



破風板・鼻隠し共にガルバリウム鋼板で加工したカバーを設置していきます。



鼻隠しに新規の雨樋を設置します。





軒天の白と青空が良い色味を出してます。雲一つない澄み切った空だと白が映えますね。



次は玄関屋根です。元々の作りは内樋で大屋根と同様に破風の木材の腐食が激しい為、既存の破風板を解体して、内部の下地木材の腐食部分を交換して、屋根勾配を付け外に雨樋を設置する作りにさせて頂きました。



新規の木材で下地を作っていきます。



ガルバリウム鋼板で木材部分をカバーしていき、赤丸部分の下屋根との取り合い部分は塞いでいきます。この部分は雨漏りの原因になったり、鳥等が巣を作る可能性があり、細かい箇所なのですが、この玄関屋根では一番重要なポイントでもあります。お天道様の光がガルバのこげ茶に反射して眩しいですね。曇り空では、のっぺりとした感じの写真になってしまうので、青空の元、施工後の写真が撮れたのは感謝ですね。本日はこれにて失礼致します。では
  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A